FC2ブログ

幻想ストマック

東方と丸呑みシチュに惚れ込んだ人がほそぼそとブログを書くだけの場所です。 連絡先はこちらから→ takuneko0828@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏の死闘とゲームブック

なんでこんなに暑ぃんだバカヤロウ!!
どうもタクです。最近パソコンのファンがあらぶる事があり、そろそろ寿命を本格的に感じております。

最近何をやってるかというと

b6637525619016dccb399a49927bf7f3.png

まだ原稿描いてます。締切きっかり2週間後!
ちなみに内容は、丸呑み専用チューブ触手、スライム、セルに、パチュリーが丸呑みにされるだけのダイジェスト作品になりそうです。
ようはごちゃまぜです。

「オメー夏コミ落選したっていうのに、新刊って何よ?」という方は、下記のブログ記事をご覧になってくださいませ…。


あ、そうそう。
Template.png
今年度の11月1日に開催される、東方紅楼夢にも、サークル参加する予定です。当選するかナァ?




さてさて、今日は知ってる方にはちょっと懐かしいかもしれないお話をば。
皆様はゲームブックという書籍をご存知でしょうか?

ゲームブックというのは、本文内のパラグラフを辿ってゆき、読者の判断や書籍内でのルールに従って、本文を読み解いてゆき、様々な結末にたどり着く事を目的とする、ゲームとして遊ばれる事を目的とした本のことです。
今風に言えば、「一人用テーブルトークRPG」というやつですね。
かつて、この日本においても、1980年代から90年代にかけて大流行しておりました。

ゲームブック界の代表とされる「ソーサリー」や、我々が遊んだ事のある「マリオ」や「ドラクエ」を元にした作品があったりと、タイトルの数は多種多彩。

そんなゲームブックが、最近、私の中でひそかなマイブームになってたりします。
特に後者で説明した「原作ありきのゲームブック」を読むのが好きだったりします。

今でこそ明確な設定がついていたりする作品が多いですが、この時代のゲームの設定なんて、有って無いようなモノ。
今で知られる原作内じゃ考えられない行動や設定、世界観を描かれていたりするので、見ていて「うっそだろオイ!」と思ったりすることがとても多いです。

ですが、私が最も重要視しているのは、ゲームブック内で語られる結末のひとつ、「バッドエンド」です。
1980年代はエログロが最も盛んだった時代でもあるので、内容にもよりますが、当時の描写が非常にえげつないのがポイント
普通に死ぬならかわいいほうで、ご丁寧に「肉塊と化した!」だの「ドロドロに溶けてしまった」といった描写が細かく書かれているのを見るのが楽しみだったりします。

ただ、断っておきますが私はただグロが好きで見ているわけではありません。
主人公も手順を間違えれば死ぬ、といった中でゲームブックという名の世界で冒険しているだけあって、ゲーム内では描かれない心証や、殺るか殺られるかの泥臭い真剣勝負や駆け引きがあったりするのです。

ゲーム内での主人公を、よくある無双系の主人公ではなく、「一人のキャラクター」として描かれているというのも、僕にとってゲームブックの魅力のひとつといえるでしょう。

さて、今回紹介するのがコチラ。
1436871362754.jpg
かつてコナミが開発した名作ゲームのひとつ、「月風魔伝」 …のゲームブック。
内容は原作に忠実でありながらも、本作独自のオリジナル設定がバランスよく組み込まれており、ストーリー的には大満足。
ゲームとしては「4つのエリアをそれぞれ順に旅していき、必要なものを探しエリアのボスを倒していく」というもの。
ですが、最初にプレイヤーが挑む「第一の島」に限り、制限時間が設けられており、規定の時間内にボスのいる場所にたどり着けないと、特定のパラグラフで強制的にゲームオーバーを迎えるという、なかなか厳しい難易度だったりします。
(ボスの住む館に通ずる洞穴が異次元空間へと変貌し、月風魔の肉体が消え去って、魂だけの存在になるという結末)

とはいえ、原作を知ってる人なら問題なく楽しめる作品になってる事でしょう。
特に原作で戦う事になるボスの「独眼独頭」がなんと性別が女性にになってたりするので、興味のある方は是非。


以下、コメント返し
>>本当、デブには辛い季節になってきましたね。私も高校に入ったあたりから飯屋に寄り道したり買い食いしたりで激太りしてしまい親から痩せろ痩せろと毎日のように言われております。しかも最近では「このままじゃ死ぬぞ」等と脅迫じみた警告も増えてきたのでそろそろ本気で痩せようとしなきゃダメなのかなと思っているここ最近です。
投稿者 : 和樹


働くようになってからご飯が美味しく食べられるようになりましたが、お腹周りがそろそろヤバいので自粛しないと…

>>ばんこく堂さんは委託とかはする予定あるんですかね?

曰く「委託はしたいが、イベントでの配布をメインにしたい」とのことなので、どうしても欲しい場合は、会場にお越しになるか、誰かに買ってもらった方が確実かと思われます。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2015/07/14(火) 21:20:24|
  2. だべり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<長く苦しい戦いだった (夏コミ新刊情報とイラスト | ホーム | 敗者復活戦夏の陣 (ゲスト寄稿&夏コミのお知らせ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takuvore.blog.fc2.com/tb.php/138-b94aaf06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タク

Author:タク
どうもタクです。
東方と丸呑みシチュでほそぼそ生きてます。
よかったら見ていってください、ね。
連絡先はこちらから。
takuneko0828@yahoo.co.jp

最新記事

カウンター

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

絵とか (94)
閲覧の前の注意事項 (10)
だべり (49)

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。